民泊新法の施行の裏で民泊撤退ビジネスも大盛況の現実

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

2018年6月に民泊新法が施行されましたが、それと同時に民泊から手を引く人たちも増えました。
こうしたニーズに合わせて、急成長しているのが民泊撤退ビジネスです。

民泊撤退をビジネスとしている人たちは、どのようなことをしているのか。
今回は民泊撤退ビジネスのご紹介です。

1.民泊撤退ビジネスといっても形態は様々

賃貸物件の場合は回収業者に依頼をすればスムーズに撤退作業を行えますが、持ち物件の場合は不動産の処理をどうするかなど、時間と手間がかかります。

1-1.家具・家電を回収し買取りしてくれる業者

【ecofa(エコファ)】

パソコン、家電、テレビ、スマホなど、ありとあらゆる商品を全国どこからでも宅配買取してくれます。
自宅にいながらすべての品物を現金化することが可能です。宅配送料も全国無料!査定料、振込手数料なども一切かからず、スマホからでもパソコンからでも簡単に申し込みができるところが便利です。

スポンサーリンク

【オールサポート】

大阪・兵庫を中心にクチコミが良い回収業者です。
予算に合わせたプラン設計をしてくれるので、いきなり高額請求されたということはありません。
買取知識が豊富なところも魅力です。

1-2.民泊施設をマンスリーマンションとして借上げる業者

レジデンストーキョー【撤退110番】

撤退予定の民泊物件を査定し、マンスリーマンションとして運用可能かどうかを判断して、運用可能となればその物件を借上げてくれるサービスです。不動産を手放すかどうかと悩んでいる人にはお勧めですね。

まとめ

民泊事業を始める前に、最悪の場合を考えて準備すると痛手を最小限に抑えることができます。
誰しもが成功することがなによりですが、やはり現実は甘くはありません。

民泊で儲けたい人を妨げる「厳格規制」の波紋

横行する違法民泊への対策として、住宅宿泊事業法、いわゆる民泊新法が6月15日に施行されて1カ月超。民泊の運営条件が厳格化されたことによる“狂騒曲”が、いまだおさまりそうにない。

引用 : 東洋経済

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*