お寺でも民泊がスタート!滋賀県「三井寺(みいでら)」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

滋賀県の三井寺(みいでら)が民泊を開始という話です。記事はこちらからどうぞ。

大津市の名刹「三井寺」 塔頭改装し、8月から利用

名刹(めいさつ)で知られる「園城寺」(通称・三井寺、大津市園城寺町)で、来月1日から民泊として利用される塔頭(たっちゅう)「妙厳院(みょうごんいん)」の改装が完成した。福家俊彦執事長は「歴史、文化が急激に変化している現代で、宿泊客にその土地ならではの雰囲気を感じとってもらえれば」と話した。

引用 : 毎日新聞

民泊に関心のある方にとってはもうご存知である話かと思いますが、Airbnbと株式会社和空の業務提携によるサービス「テラハク」がついに始動した模様です。「テラハク」は全国にあるお寺を利用して、宿泊やお寺の魅力を気軽に体験してもらおうというサービスです。

お寺には参拝者やお坊さんたちのために「宿坊」といって、宿泊施設があるところが結構あります。
今回の動きは、この宿坊を上手に利用したのでしょう。どう考えても人気がでること間違いなしですね。

1.テラハクが面白そう

かなり興味が出てきたので、実際テラハクのサイトへアクセスしてみました。

スポンサーリンク

テラハク

日本各地のお寺で坐禅や写経などの修行体験ができます。

先ほどニュースにもなった三井寺について調べてみました。
三井寺の宿泊料金は、1泊10万円~です。た、高いなあと思ってよく見てみると最大8人までOKなので、大勢で行けばそれほど高くはないですね。また、三井寺は1日1組しか宿泊できません。1棟まるまる借りる形でベッド4つ布団4組あります。
お寺にベッドとは、これまた新鮮ですね。ベッドですと寝起きがしやすいので、お年を召した親御さんを連れての旅行などにも喜ばれることでしょう。

アメニティやWi-Fi環境も整っているので、気軽にお寺体験が楽しめそうですね。
朝のお勤めや座禅にとても興味があります。

 

追記:

と、ニュースが出た当時このように書いたのですが、確かにテラハクのサイトでは10万円~を確認しました。
が、数時間後に改めてみるとなんと宿泊料金は20万円~となんと2倍になっていました。
予想以上の反響だったのでしょう。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*