民泊事業で出たゴミは、事業系のゴミとして出す必要があります。
原則、一般の家庭用ゴミとして出してはいけないのです。

ゴミをめぐる法律は、廃棄物処理法です。
ゴミの排出方法を間違えると、廃棄物処理法違反になります。
家庭ごみ集積所に事業系ごみを出してしまうと、いわゆる不法投棄となります。

罰則は、5年以下の懲役もしくは1000万円以下の罰金を言い渡されることがあります。
法人もしくはその関係者である場合はさらに罰則は重くなり3億円以下の罰金となることも‥‥

民泊施設をめぐっては、特にゴミの問題が取り上げられています。
今回は、民泊から排出されるごみの処理方法、取り巻く問題点及び解決方法を説明しています。

1.民泊施設ゴミ処理の2つの方法

民泊施設から出るゴミは一般廃棄物と呼ばれています。
家庭ゴミと違った処理方法が必要です。

・ 業者に回収を依頼する
・ 自ら搬入施設へ持ち込む

1-1.業者に回収を依頼する

自治体のゴミ収集車ではなく、事業系のゴミは専門の業者に依頼することができます。
頼んだ日だけ回収してくれるスポット契約や週1回など回収に来てくれる定期契約といった形式があります。

「〇〇市(該当の市区町村) 事業ゴミ 業者」と検索してみると探すことができるでしょう。
もしくはご近所の商店などにどこに依頼しているか聞いてみるのも手です。

業者に依頼する際は、許可を受けている業者かどうかも忘れずに確認しましょう。

少額や少量だと引き受けてくれない業者も…

事業系ゴミを業者に回収の依頼をすると、当然ながらコストがかかります。
どんなに安くとも、月に数千円はかかると見たほうがよいでしょう。
小規模の民泊施設の場合、コストに見合わない可能性があります。

そこで自ら、処理施設に事業ゴミを持ち込むという手段もあります。

1-2.自ら処理施設へ持ち込む

自治体によっては事業系ゴミの持ち込むことができます。
自分で持ち込むをするとかなりのコストダウンになります。
自治体によって金額は異なりますが、川崎市の場合1kgあたり15円です。

自分で持ち込むにはゴミ処理は匂いなど衛生面で問題がありますし、かなりの手間です。
また、産業廃棄物を引き受けてくれない施設がほとんどです。

スポンサーリンク

産業廃棄物は一般廃棄物と産業廃棄物に分かれる

事業系ゴミは一般廃棄物と産業廃棄物とまた区別されてます。
だいたいの自治体は下記のように一般廃棄物と産業廃棄物を分けています。

種 別 具体的な内容 区分
燃えるごみ 紙、衣類、コーヒーかすや野菜くずの生ごみ など

一般廃棄物

燃えないごみ ビニール、プラスチック製品、ガラスゴム、金属類 など

産業廃棄物

 

弁当などの容器 弁当容器(紙製は燃えるごみ)
カップ麺容器、トレイ、菓子袋 など
びん ビールやジュースのびん、ジャムのびん など
ビールやジュース、コーヒーの缶
ペットボトル ジュースやお茶のペットボトル

1-3.自治体の窓口に問い合わせてみる

「結局は事業系ゴミを業者に依頼するしかないのかな」とあきらめてしまう前にまだ可能性があります。
民泊特区の大田区は、小規模な民泊事業者のためにちょっとした特例を設けています。

排出量が少ない事業者の場合は、家庭ごみの収集に支障がないと区が認める範囲(注釈1)で、事業系有料ごみ処理券(シール)を貼付し、区の収集に有料で排出することができます。 この場合の可燃ごみ、不燃ごみ、資源の分別は家庭ごみと同じになります。

引用 : 大田区HPより

すべての自治体がこのような特例を設けているわけではありませんが、聞いてみる価値はあると思います。

まとめ

今回は民泊施設から排出されるゴミについて説明しました。

・ 民泊事業にともなうゴミは事業系ゴミ
・ 事業系ゴミは家庭ゴミと同様に処理してはいけない
・ 不法投棄は5年以下の懲役もしくは1000万円以下の罰金になることも

ルールを守って、適切な民泊の運営をしましょう。

スポンサーリンク